はじめてブックメーカーを利用するなら

ゴルフ

ブックメーカーとは、イギリス政府によって正式に公認されている賭けの胴元です。例えば、野球やサッカー、バスケットボール、ゴルフ、テニス、アイスホッケーなど様々な世界のスポーツが、政府のライセンスを取って賭けの対象となっています。

それだけではなく、為替の相場がどう変動するか、次の大統領が誰になるか、明日の天気はどうなるかなど、多種多様な事象を対象にして、なんと一週間で50万件以上の賭けが楽しまれています。

その中に日本のプロ野球も含まれているので、野球好きには違う楽しみが一つ増えます。 そんなブックメーカーですが、スマートフォンやパソコンなどインターネット環境があれば、登録さえすれば簡単に始めることが出来ます。

はじめて利用する方は、ブックメーカー選びからになりますが、おすすめはウィリアムヒルやW88スポーツです。その理由は、古くから運営していて今でも続いているので、信用度が高いことと、日本語が対応になっている点です。

はじめのうちは、このような信頼が出来るブックメーカーを利用すると良いでしょう。

初めてのブックメーカーの登録先はサポートが日本語対応の所が最良

サッカーボール

ブックメーカーの運営会社は、法律により営業が認められている国を中心に数多く存在しており、ブックメーカーをこれから始めようと思っている人にとって、登録先のサイト選びは鬼門ともいえます。

しかし、日本から参加するのであれば、サポートが日本語対応となっているサイトの中から選ぶようにすると、スムーズに登録先を決めることができるでしょう。

多くのブックメーカーのサイトは、標準で表示される言語として英語を採用しており、サポートスタッフも英語でコミュニケーションをとれるスタッフが圧倒的に多いです。

そのため、英語を巧みに操るのは不得手な日本人が、サイトの利用方法について質問を投げかけたり、不具合を報告しようとしても、スタッフが報告者の意図通りに受け取ってくれるかどうかは不透明です。

しかし、サポートが日本語対応となっているところであれば、日本語を操ることができるスタッフと意思疎通をうまく行いながらサイトの利用上における問題を解決していくことができます。

日本語への対応状況は規模が大きいブックメーカーであるほど良いので、まずは大手のサイトの中から登録先を選ぶと良いでしょう。

ブックメーカーをネッテラーを使って預金管理するメリット

お金の紙飛行機

自身の銀行口座からも海外送金などを使ってブックメーカーに参加することはできますが、ここは電子口座であるネッテラーを使うことをおすすめします。

まず海外送金と違って手間と手数料が格段に低いことからおすすめできる理由になります。日本からブックメーカーを利用する多くの人が支持されていますので、悪質性もなく安心して利用することができます。

ただ開設までに本人確認が必要なり、まるで銀行口座を開設するような手間が掛かりますので、前もって手続きを進めておきましょう。

またネッテラーは預金管理にも大きな効力を持ちます。この電子口座は国税庁に管理されていませんので、ブックメーカーで得た収益を国に把握されません。

電子口座の預金を自分が所有する銀行口座に移すと把握されますが、ネッテラーにはデビットカードがありますので、それを利用すればATMから収益金を降ろすことが可能です。

ただギャンブルで得た利益は申告する必要があり、脱税は処罰の対象になることは忘れないようにしましょう。

ブックメーカーはオンラインでストリーミング配信が見られる

ブックメーカーの中には、試合をオンライン上のストリーミング配信で見られるところがあります。アカウントさえ持っていれば利用することが可能であるため、とても便利です。

大手であれば、放映権を持っていないところを除けば、ほぼすべての試合で配信しているところもあり、別段衛星放送などの契約を結ばなくても、ライブ映像を見て楽しめるのが魅力です。

また、それだけがブックメーカーのうりではありません。そのストリーミング配信を活かしたかけも存在しています。これは、ライブベットと呼ばれるものです。

試合中に開始され、その後に特典がどう動くかた、勝ち負けを予想するものもあります。試合開始前に行う投票とは別の楽しみ方が味わえるので、試合観戦を充実したものとしてくれます。

様々な会社がブックメーカーに参入しているので、選ぶのが大変ですが、そういった方はより楽しむことを可能とする、試合中継を行っているブックメーカーを選んでみるのも、ひとつの方法として有用です。